読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

進め!ウーマン!

謎の行動力を持つ20代後半OLの「考えてみた・調べてみた・やってみた」    「ちょっとやってみようかな」身近な実行ブログ

落ち込んで立ち直れない夜は?【考えてみた】

こんばんは!

黄砂か花粉にやられて、鼻づまりに悩まされているココロです。

寝るときは濡れマスクが欠かせない・・・!

 

落ち込んで立ち直れない夜、どうしてる?

仕事がキャパオーバーになって、気持ちに余裕がなくなってくると、

普段上手くいくことも上手くいかなかったり。

小さなミスを連発したり。

仕事でも一杯一杯なのに、なんだかプライベートも上手くいかなかったり・・・。

 

そんな自己嫌悪に陥るブルーな日、たまにありますよね。

今までも経験したことがあるのに、

「あー、もう消えてなくなりたい」くらい落ち込んでしまう夜もありますよね。

 

それでも明日は来るから、少しでも気持ちを回復させたいのに、

なかなか前を向けない。

そんなとき、あなたはどうしてますか?

 

 

 

頑張り屋さんの正しい自分との向き合い方

こんな風に一杯一杯になっているときは、

「もう既に頑張っているのに、まだムチを打って頑張ろうとしている」

状態なんです。

 

つまり、あなたは頑張り屋さんなのです。

もう十分頑張っているのです。

 

だから、気持ちが立ち直れないくらい苦しいときは、

自分はもう十分頑張っていることを、あなた自身が気づいてあげることが一番大事。

 

 

・「今日はたくさんミスしちゃったけど、こんな私にもいいところあるよね!」

・「出来なかったこともあるけど、今日出来たこともちゃんとあるじゃない!」

・「よーしよし!よく頑張ってるぞ私!」

 

そんな言葉を、自分自身に声を掛けてあげましょう。

自分自身でよしよし慰めてあげましょう。

(何回も声を掛けているうちに、自分が元気になれる言葉(本当は誰かから掛けて欲しい言葉)がわかってきます。笑)

 

自分の殻に閉じこもることが正解の夜もある

気持ちがどん底まで落ち込むと、

「誰か、私の気持ちわかって!」と思う夜もあるかもしれません。

 

でもね、そんなどん底まで落ちた夜は、誰かに連絡するのはやめましょう。

 

どれだけ大好きな恋人も、どれだけ仲が良い友人たちも、

今あなたがどんな言葉が欲しいか、完璧には分かりません。

 

本当に欲しい言葉がもらえなかったとき、

「大好きな人なのに、わかってもらえなかった!」と無駄に落ち込みます。

 

本当に欲しい言葉は、あなた自身が一番よく分かっているはず。

だから自分自身で声を掛けてあげるんです。

 

誰かに聞いてもらうのは、どん底から少し這い上がってきたとき。

「悩む・落ち込む」から「考える」になったとき、

違う視点を入れるために誰かに話を聞いてもらったらいいのです。

 

 

 

(おまけ)気持ちが少し楽になる本

自分で自分を慰めても、どうしても気持ちが上がってこない夜もありますよね。

そんなときは、本がオススメ。

新しい本ではなくて、自分のお気に入りの本・気持ちが楽になる本を

普段から決めておくと、さらに気持ちが落ち着きますね。

 

ちなみに私は、益田ミリ先生の漫画シリーズを読むことが多いです。

これを読み終えた頃には、

「みんな同じように悩んでいるんだなー。さあ、明日も頑張るか!」 

ときっと思えるはず。

 

最近気持ちが楽になった本を、おためしに一冊載せておきますね。

週末、森で (幻冬舎文庫)

週末、森で (幻冬舎文庫)

 

 

 

でも、やっぱり落ち込んだときは、

①美味しいごはんを食べる②温かいお風呂に入る③さっさと寝る!

が一番効果的かも  笑  

 

 

今日はこのへんで!