読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

進め!ウーマン!

謎の行動力を持つ20代後半OLの「考えてみた・調べてみた・やってみた」    「ちょっとやってみようかな」身近な実行ブログ

社会人の友達付き合い【考えてみた】

こんにちは!

電車の広告にあった「餃子フェス」という言葉に惹かれてしまったココロです。

(餃子って、なんであんなに無性に食べたくなるんだろう)

 

社会人の友達付き合い

突然ですが、

あなたは社会人になってから友達と会っていますか?

 

社会人になると自分も周りも忙しくなって、

なかなかお互いの時間が合わなかったりしますよね。

連絡の頻度も減ったりして、気づいたら「何年会ってないんだ!」という人も。

 

普段は気にならなくても、ふとしたときに、

「あれ?私、友達減った・・・?」なんて急に寂しくなったりしませんか。

 

 

あなたが今、会いたい人は誰?

「あの子は毎週誰かと会っている」とか、

「あの人は大人数で集まれるグループに入っていていいな」みたいに、

他人の交友関係を羨ましく思うときがあるかもしれません。

 

だけど、社会人は時間が限られています。

頑張れば時間は作れるけど、学生のときみたいにはいきません。

 

そんな時に考えてほしいのが、

「自分は今、誰に会いたいのか」です。

 

先週会った人でもいいです。

遠くに住んでいる人でもいいです。

思い浮かぶ人が多くても少なくてもいいのです。

何年も会っていない人でもいいのです。

 

社会人になってからの友達付き合いで大切なことは、

「自分が会いたいと思っている人に会う」ことです。

 

今、あなたが会いたいと思っている人たちは、

きっと今のあなたに、前向きな風や刺激を送ってくれる人たちだから。

 

時間が限られているからこそ、自分の気持ちに素直になる。

「昔からなんとなく続いているから、そろそろ会わなきゃ」とか、

「学生時代のグループだから、気乗りしないけど断れない」とか、

「会いたい」の気持ちからズレているのであれば、

勇気はいるかもしれないけれど、今は断ってしまえばいい。

また会いたいと思うときが来たら、その時に会ったらいいのです。

 

見栄や意地だけのために、「どうでもいい人たち」に時間を削るなら、

「会いたい1人」に、たくさん時間を使いましょう。

 

 

会いたい人には自分から声をかけよう!

会いたい人が浮かんだら、次はどうしたらいいのでしょうか。

簡単です。自分から声をかけましょう。「会いたい」と伝えましょう。

 

相手から声がかかるのを待っていたら、時間がもったいないですよ。

それに、「会いたい」と言われて嫌に思う人はほとんどいないはず。

 

簡単なことかもしれないけれど、意外と相手から連絡が来るのを待ってしまいがち。

それでなかなか誘ってくれないと、「私からは誘わない!」って意地張っちゃったり。

本当にその時間がもったいないです!笑

 

声を掛けるタイミングは、会いたいと思った、まさにその時!

忘れないうちに、一言送っちゃいましょうね。

 

 

これでゴールデンウイークの予定も埋まっちゃいますね!

 

 

今日はこのへんで!